" />

女性

女性はピルを飲んでまでも、働かないといけないのか。

ライザップイングリッシュ

こんばんは、あおぼうです。

Twitterを覗いていたら、N国党から堀江貴文さんの都知事選出馬の話が出ていて
幻冬舎の箕輪さんのところからマニュフェスト的な本が出るみたいですが

21の「女性はピル飲んで働き方改革」
23の「じじ活パパ活で出会い」
が解せません。

他の紙の教科書廃止とかはいいし、きっと男性側にはいいことづくめの内容なのでしょうが
所詮、女は二等国民、二流市民なんだなと感じました。

すでに、低用量ピルは、自由に婦人科を受診して医師の指導のもと、毎月3000円前後で処方してもらえます。もちろん保険適用。

避妊に使う人もいるし、生理周期を整えるとか、生理痛緩和とか言われますし
種類は6つくらい、婦人科で見せてもらったことがあります。

でも、毎日同じ時間に飲まないといけないし
飲み忘れは効果が出ないし
お金も月3000円はかかるし
ピル飲んでいるからと避妊具を使ってもらえないとか
私は歯茎から血が出て、ご飯が食べられなくなりました。

小学生の性教育から、低用量ピルのことは教わっていて、
女性たち、それぞれの個人の事情に合わせて自由に選択できる状態にあります。

公約に使われると、もともと生理休暇なんて無給だし、取得率も低く
みんなしんどい思いをしているのに
「生理でしんどい」→理解のない男性:「じゃあピル飲めよ」
ってなりそうで、怖いです。

しかも、今アラサーの私や友達が悩んでいることは

一昔前と同じく就職して、30歳くらい前後で結婚や出産により
仕事を辞める
旦那さんの都合で転居
保育園に預けられない
コロナで突然学校が休みになる→家庭への負担
育児は初めてのことなのに
自分の子どもにイラッとくるときがある
お母さんを辞めたいと思っても、逃げられない

女性の求めている政治は、鎮痛剤がわりにピルを服用してまで体をコントロールして働く一時しのぎではなく、仕事もプライベートも両立しながらキャリアを築いていけることなのではないでしょうか。

ワンオペ育児で何に苦しんでいるか。
DV夫とどう暮らしていくか。
シングルマザーが何に苦しんでいるか。
政治の力で救済対象になるような女たちが求めるのはピルではありません。

ビジネスの世界ではなくて、公共の利益を追求するフィールドなのです。

堀江さんの公約に、全く「安心して子育て」の要素はなく
それどころか「ジジ活、パパ活」「フリーセックス」まで。

女性であるからこそ、不利だと思うというのが、今2020年になってもとても多い。
男性ほどバリバリは働けない。
代わりに、いわゆる「女性ならではの視点で」的な、
そんないいように、不本意に扱われる経験もしてきたけれど

なんていうか、ピル飲んでまで働かされるなんて、とても悲しい。
もし当選されたら、東京から出ていくかな。

なんとなく、ふわ〜と頭にあるのは、

日本で女の子を育ててはいけないのではないのかと思うんですよね。

9月入学を、受験や就職の時期でどうという意見書が出されたようですが、
企業の人事畑にいると、別に通年通して新しい人を雇うので
いつでもいいし
受験も時期をずらすだけ。

変えたくないだけのように感じてしまいます。

女子男子関係なく、区別はするけれども、
それぞれの個人がお互いを補完するような、そんな価値観を持って育って欲しい。

私は田舎育ちで、女の子はお手伝いをしなさいとか、そういうことを言われて
お年玉をもらっても、ジャスコに自分だけ連れて行ってもらえないとか
お正月の親戚の集まりでご馳走を食べられないで、台所で蒲鉾を切ったりとか
社会に出てもお茶汲みとかお酌とか、そういうのずっとあった。

自分の娘にはさせたくないし、息子にはそういうことをおかしいと思う子に育って欲しい。

他のアジェンダはとてもいいけれど、
女性の尊厳を踏みにじられる可能性が高い以上、堀江氏には投票できません。

オンライン投票もいいけれど、それってあなたがネット占拠に強いから、ということなのかしら・・・

憲法で保障されている、男女平等とか基本的人権に抵触していませんか。
セクハラではありませんか。ちょっと・・・無理です。

 

どうか、都知事選ではまともな人がその職に就きますように。

ライザップイングリッシュ

-女性

Copyright© あおぼうのカイゼンちゃんねるのブログばん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.