" />

勉強(自己啓発) 読書メモ 逆算手帳

LIFE DESIGN スタンフォード式最高の人生設計

会社を辞めようと今悩んでいて、結局退職申請まではしました。
今は会社からリモートワーク用のパソコンをもらって在宅で仕事を進めています。

上司に伝えた時に、一旦保留されたのですが、
今一番心配しているのは職場での感染リスクが高いと思っていて、オフィスに行くのが嫌なことです。
うちの会社はなぜかリモートワークは体制としてできたのですが、その後毎週1回全員が出社しないといけない日があり、働いている9時間ずっと一緒にいないといけないというのが毎週設けられてしまって、ついでに私が参加しているプロジェクトは先方の業者に「うちは在宅勤務だけれども、御社はどうですか?打ち合わせの続きのために弊社に来れますか?」と結局呼び付けると言う・・・先方は会社の許可があれば訪問できますが、と返事したのに、じゃあ来てくださいと20代社員が平気でいうし、ccがついている上司も何も口出ししない。

これ大丈夫なのと思うことが続いていて、今私が妊婦じゃなくてもこんなにビクビクしているのに、これから結婚して妊娠したらこれどころではないと、そして3月、いよいよ危ないと思って窓を開けたら「寒い」と言われて換気も徹底されていませんでしたが、今後梅雨が来て横殴りの雨が降ってきたり、夏になって35度以上の気温の中でクーラーをつけるからから換気ができないとか多分そういう事態になってくると思います。
今どんどん倍々ゲームのように感染者が増えている中で果たしてこの会社に勤めていることが大丈夫なのかなと言う心配が尽きません。(給料はいい。)

そんな中で自分をもう一度ゼロベースで見つめ直すために本を読みました。
これは出張の帰りに、新宿駅の構内の本屋さんで購入しました。
大体本屋さんを見つけたら入るようにしています。
本は、心の栄養ですよね。電子書籍も好きですが、中をパラパラとめくって読みたい本がうちにきます。

読んだ本はスタンフォード大学も人気授業で、そこからいろんな大学に同じような講座がどんどん広がっていったという『LIFE DESIGN(ライフデザイン)――スタンフォード式 最高の人生設計』という本です。

こちらが私が作ったこの本のまとめのマインドマップです。

まずセントラルイメージに、デザイン思考は無限のゲームであると言う事を示しました。デザイン思考は、これと決まった定型のゴールがなくて、常にぐるぐると自分のカイゼンのループを繰り返しながらより良い人生を築いていくというのがコンセプトにあります。

人生のデザインに終わりは無い。人生とは全身の道を永遠に気づき続ける楽しいデザインの旅だ。
つまり、行き詰まり思考、これしかないと言う考え方を止めて、人生は無限のゲームであること、デザインしていくことを軸におけばそこからまた考えが広がっていきます。

このループには3段階あります。
ある、する、なる、です。
1:今自分が持っているものを見ること。
2:アイデアを持って自分のあるものをまた別の見方で見れないかと考えていくこと
3:今自分が立てているアイディアの中かなそのなかで最善の決断は何かを考えて行動に移していくことです。

1ある
「調子はどう?」
と言うのがこの本のメインの問いかけなのですが、自分の人生にコンパスを持ちましょう。
コンパスになるものは自分の仕事観と人生観です。この2つが一致させると自分がぶれないでいられます。そしてそのためには自己鍛錬が必要でその自己鍛錬を構成するものが人間性考え方行動です。
あなたのワークライフバランスは、一日の中でどのような時間配分ですか?
その配分に満足していますか?
ワークライフバランスは4つの分野、健康、仕事、遊び、家族や友人との時間(愛)。
この4つをそれぞれ物差しで測るとそれは0ですか満タンですか?

2する
行動を起こしていきましょう。
行動起こすために5つの提案がありました。
・興味を持つ(好奇心)
・やってみる(行動主義)
・別の視点(視点の転換)将来はあなたはどういう人間になりたいですか?
・人生はプロセス(認識)
・助けを借りる(過激なコラボレーション)
→チームの力を借りる。コミュニティーの力を借りる。頼みたいことリストを持つ人がいたらひとまず聞いてみる。人脈づくりとは道を尋ねるのと同じことです。

また失敗日誌をつけていきましょう。あなたが失敗したと言うものから、ここから何を学べるか、決して失敗を責めるのではなく、失敗を未来志向で考える事が重要です。

グッドタイム日誌もあります。幸せとは不要なものを断ち切ることです。
あなたが熱中して取り組める、フロー状態の記録をしましょう。

あなたの一日を記録してみましょう。まずその日したことに対して熱度はどうだったか?
エネルギーはどうだったか?
そしてそのことに対してあなたの考察を書き加えていきましょう。
脳は体重のうち2%位なのに、エネルギーは25%も取って行きます。
あなたの脳がフロー状態、つまり、時間が一瞬で終わってしまうとか、やってもやってもくにならないこと、そういうことにあなたも時間を割き、そしてあなたの貴重なエネルギーを注ぎ込んでいきましょう。
自分には何が合っていて何があっていないのか?
これを調べるための指標は5つAEIOUの観点(行動、環境、やりとり、もの、人)からズームインします!

失敗記録、グッドタイム日誌がかけたら、今度は・・・3つのテーマでマインドマップを作っていきましょう。
①熱中
②エネルギー
③苦労
これをあなたのマインドマップのセントラルイメージに置いて作ってみましょう。これは3つのテーマでマインドマップを作ることによってあなたの頭をブレストします。
そしてここで出現したキーワードをもとに、これから5年間どう過ごしてみたいのか、冒険プランを3つ作ってみましょう。

そしてその作ってみたプランの中から自分で最善の決断をしてきます。最高ではなく最善です。その中であなたの1日に使っている時間のバランスは、その配分に満足しているのか?自分は将来どういう人間になりたいのか?
ぐるぐる良い改善のスパイラルに持っていきましょう。
選択肢に正解はなく、あるのは正しい選び方だけ。

さて、まとめです。
自分が本当になりたい事と自分の今の生活が一致させているかどうか?
時間配分は理想にかなっているか?

失敗から何を学ぶ?
フロー状態に入ることは何?

プランを立ててみる

自分の理想とどれぐらいのギャップがあるか?

その中から最善の選択をしていく

というループをぐるぐる回していこうと言うのがデザイン思考です。


え、これって逆算手帳にも当てはまる考え方じゃない!?
と読んでいてドキドキしました。
逆算手帳も、どんな人生を歩みたいか、10年あればいろんなことを成し遂げられる、逆算して、今何をすべきか?
そしてそれによってマインドセットすることができます。

今は、毎月の生活費(借金返済も含む)が20 万円なので、それが安定的に手に入れば、なんとか生存できる。
貯金がないけれど、副業を育てられればできないことはない。
仕事よりも、本を読んで知的好奇心を満たして、こうやってブログを書くほうが楽しい。

勝間塾で、勝間さんがずっと、「1日8時間の労働は長すぎる」とおっしゃっていました。
最初に就職した旅行代理店、いやその前の学生バイトの時代から長時間労働が当たり前だったので、今も長時間労働は全然ウェルカムなまま30歳を過ぎましたが、確かに在宅で一人ぽちぽちやるPC作業って、1日8時間費やす意味があるのかな・・・と思って嫌になりました。
もちろん、会社で同じ作業はできません。
電話はなるし、声はかけられるし、お茶出しはしないといけないし。
すぐに横槍が入ります。

私、どんな仕事が好きだったかなと思うと、人と喋っている時間だったんですよね。
中国語の通訳をしている時に、会社側と先方との意思疎通ができたり、向こうから来たお客さんをおもてなししたり。
給料が我慢料の部分もあったけど、給料以上のギフトもいっぱいもらっていて・・・
なんか辞める決心が揺らぎます。

-勉強(自己啓発), 読書メモ, 逆算手帳
-

Copyright© あおぼうのカイゼンちゃんねるのブログばん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.